運用の達人「クレフの女」が転落

米国最大の退職年金基金で名を上げた女のファンドが沈没。あがきにあがいて裏人脈の虜に。

2012年9月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

AIJ投資顧問が2千億円もの預かり資産を失わせたという疑惑が発覚した今年2月、投資顧問業界では名の知れたファンドがひっそりと幕を閉じた。「ムーンライトキャピタル」(本社・東京都港区)である。ファンドを率いた竹村尚子の経歴は華麗だ。大阪大学経済学部卒の才媛。1989年から92年まで米国最大手の私的年金基金であるTIAA-CREF(全米大学教職員退職年金基金、通称クレフ)で3千億円の日本株の運用を担当。その後、香港の野村証券系ファンドに移り、97年~2001年の5年間のパフォーマンスが、オフショア日本株ファンドで第1位となる。01年には米経済誌「フォーブス」で「世界のファンドマネージャートップ20」の一人に選出された――。「美人の凄腕ファンドマネージャー」として経済マスコミに登場する際も、10年3月に上梓した著書『すぐ動く人は知っている』(サンマーク出版)などの「著者紹介」で ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。