金正恩が脱「先軍」へ総参謀長解任

ミニスカ歌手と美人妻同伴の29歳独裁者が、軍の特権剝奪を画策。新体制の黒幕は叔母か。

2012年9月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

北朝鮮で朝鮮人民軍を束ねてきた李英鎬(リヨンホ)総参謀長が7月15日、朝鮮労働党政治局会議で、総参謀長ポストと党の全要職を剝奪され姿を消した。李英鎬は金正恩第一書記の最側近とみられていただけに、北朝鮮メディアが16日に伝えた電撃的な解任は、新体制で初の大異変として周辺国を驚かせた。今年70歳になる李英鎬は軍の生え抜き。平壌防御司令官だった2009年2月、正恩の父である金正日総書記の目にとまり、軍の作戦を統括する総参謀長に就任。10年9月に人民軍次帥に昇格すると同時に、党の最高指導部である政治局常務委員の一人となり、正恩とともに党中央軍事委員会副委員長に選出された。昨年12月の金正日の葬儀では、正恩とともに霊柩車の先頭に寄り添い、若輩の新指導者を支える中心人物とみられていた。

対抗馬に崔竜海送り込む

朝鮮中央通信は李英鎬の病気を解任の理由に挙げたが、韓国の情報機関、国家情報院は ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。