「バンダル王子暗殺」怪情報の裏の断末魔

2012年9月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

7月29日、「サウジアラビアのバンダル王子暗殺」との怪情報が流れ、世界を震えあがらせた。サウジの首都リヤドの情報部本部で爆発が起き、長官補佐のミシュアル・アル・カルニーが死亡したのみならず、19日にアブドゥッラー国王から情報部長官に指名されたばかりのバンダル・ビン・スルタン王子(63)
まで殺されたというのだ。発信源は「ヴォルテールネットワーク」というサイト。「サウジ当局は未発表だが、王子死亡を非公式なソースで確認した」と断言。しかも、18日にシリアの首都ダマスカスの国家治安局ビルで起きた爆弾テロの報復だというのである。確かにシリアの治安中枢は大ダメージを受けている。バッシャール・アサド大統領の義兄アーセフ・シャウカト国防次官やダウド・ラジュハ国防相が死亡、ムハンマド・マシャール内相ら治安幹部が負傷したからだ。怪情報によれば、この作戦の首謀者はサ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。