エルピーダ身売り社長に「計画倒産」疑惑

2012年9月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

会社更生手続き中の半導体大手エルピーダメモリは8月21日、東京地裁に更生計画案を提出する。米同業マイクロン・テクノロジーの完全子会社となって再建を目指す方針だ。しかし、関係者の見方は冷たい。エルピーダは2月に会社更生法の適用を申請した。円高の進行が直撃した結果とはいえ、大手銀行の幹部は「財務増強を先送りした坂本幸雄社長こそ戦犯」と断じる。ところが、同社の管財人側は「半導体は専門性が高い」と判断。再建のスピードを重視し、破綻時の経営陣が残留するDIP型会社更生手続きを取った。その結果、坂本が管財人に就き、更生計画の根幹に関わることになった。とりわけ、スポンサー選定については「デキレース」との批判が絶えない。銀行や取引先関係者らは「最初から坂本はマイクロンに決めていた」と言い切る。「マイクロンは坂本にポストを約束している。坂本は同社から出資を受け ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。