再生エネ「全量買い取り」狂騒曲

周到な仕組みを作ったSBの孫社長。42円の買い取りで14~15円の利ザヤを荒稼ぎ。

2012年9月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

再生可能エネルギーの全量固定価格買い取り制度が始まって2カ月足らず。どこまで普及するのかお手並み拝見と、高をくくっていた電力業界は、事前の想定をはるかに上回る買い取り申請ラッシュに驚きを隠せない。メガソーラーや風力発電所の新規事業計画は全国で200万キロワットを突破した模様(出力1千キロワット以上のメガソーラーが110件以上で計130万キロワット、風力発電は約20件で約75万キロワット)。単純出力換算なら原子力発電所2基分に相当する。この勢いで伸びれば新たな電源が確立されてしまい、電力不足を理由にした原発再稼働の動機を失う。電力会社はあの手この手で足を引っ張ろうと画策中だ。メガソーラーを設置するには経産省に再生可能エネルギー発電設備認定申請書を提出して認可を受けねばならない。経産省は「認定申請書を出した段階で電力会社と手続きを始めて構わない」という姿勢 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。