ヤクルト会長に不正蓄財疑惑

都心の「億ション」購入の住宅ローンを短期間で返済。税務署の目を逃れる狡猾なマネーロンダリングか――。

2012年9月号 BUSINESS [国税が黙っちゃいない!]

  • はてなブックマークに追加

フランスの世界的な食品会社「ダノングループ」に呑み込まれようとしている乳酸菌飲料会社最大手の「ヤクルト本社」。会長兼CEO(最高経営責任者)の堀澄也は1996年の社長就任以来、すでに16年間もトップの座に居座り続けている。本誌は先月号で、堀が出入りの果実加工品卸会社「サンヨーフーズ」創業者の長谷(はせ)公治から取引額に応じたリベートを受け取り、長年にわたってズブズブの関係にあることを暴いた。今月号はさらに踏み込んで、堀の不正蓄財疑惑をお伝えしよう。2年前まで首都高速道路中央環状線の山手トンネルの工事が行われていた環状6号、通称山手通り。この幹線道路が南北に貫いている東京・渋谷区の閑静な住宅街の一角に、3階建ての瀟洒なマンションが建っている。小田急代々木上原駅から徒歩数分のこのマンションの竣工は2001年1月。3145平方メートル(約953坪)という広い敷地に占 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。