外務省企画官「自殺」の真相

朝日の北朝鮮スクープのリーク源かと疑われたというが、実はハニートラップを苦に?

2012年8月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

6月20日朝、千葉県警通信指令室に「男が首をつって死んでいる」と家族から110番通報が入った。茂原署員が駆けつけると、自室で無惨な姿の男性が見つかり、すでに心肺停止の状態。男性は職員証から、外務省第2国際情報官室企画官の河野優氏(47)と確認された。国際情報官室とは、外務省の対外情報部門でインテリジェンス機関とされている。河野氏が所属していたのは、大量破壊兵器やテロ、核拡散などに関わる情報収集を行う第2担当と呼ばれる部門。河野氏にいったい何が起きたのだろうか。1週間前の6月13日付の朝日新聞朝刊の一面に、白抜きの見出しが躍っていた。「中国、北朝鮮に軍用車両」と題するこの記事は、「政府関係者」をソースに実態が詳細に描かれていて、新聞やテレビが一斉に追いかける一級のスクープ記事だった。

米韓との同盟にヒビ

記事によると、昨年8月1日、中国は上海から北朝鮮の港に弾道ミサイルの ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。