古川大臣肝いり「休眠預金」政局次第で雲散霧消も

2012年8月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

金融機関に長年預けられたままお金の出し入れがない「休眠預金」を、起業支援などに活用する政府のプロジェクトが本格的に動き出す。2014年から500億円の活用をめざし、一部は東日本大震災の被災地復興にも役立てるという。毎年、800億円以上発生する休眠預金の活用は、国家戦略室「成長ファイナンス推進会議」の議長を務める古川元久国家戦略担当相の「肝いりのプロジェクト」(政府筋)。政府はメリットばかりを強調しているが、関係者の反応は冷ややかだ。10年を経過して預金者の法的権利が消滅した休眠預金は、金融機関が利益として計上しているが、税金の支払いや、払い戻しで目減りする。このため実際に利用できるのは200~300億円程度にとどまりそうだ。1300万件といわれる膨大な口座の管理にもコストがかかるため、構想が持ち上がった当初から、金融界は「財産権を侵害しかねない筋の悪いプロジ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。