「大王・北越紀州」提携の深層

北越の岸本社長は、筆頭株主の三菱商事出身。大王を取り込む願ってもないチャンス。

2012年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

製紙業界4位の大王製紙と5位の北越紀州製紙が資本提携を結んだ。北越が大王の発行済み株式の約2割を取得し、筆頭株主に就く。「これ以上買い増しすることは考えていない」と北越紀州社長の岸本晢夫(せきお)は言うが、とまれ再編が続く製紙業界で王子製紙、日本製紙グループ本社に次ぐ「北越紀州―大王」という3位連合が誕生した。きっかけとなったのは大王創業家出身の3代目、井川意高(もとたか)である。小学生時代に地元愛媛県から毎週飛行機で東京の進学塾に通い、その甲斐あって筑波大学附属駒場中学校に入学。その後、東京大学法学部を卒業し、大王製紙に入社した。頭は良かったのだろうが、学生時代からせっせと銀座でカネを落とし、父親・高雄の経営する大王の入社式には真っ赤なスポーツカーで登場するなど「道楽息子」の武勇伝は数知れない。挙げ句の果てにはカジノに嵌り、子会社から約107 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。