「暴利」ドメイン利権の寄生虫

卸のJPRSが一社独占。裏で蜜を吸い上げるJPNICが、あの手この手で利益誘導。

2012年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

日本で商用インターネット(ネット)が本格化してから20年余。日本のインターネット・エコノミーの規模は、2010年に23兆円、16年には30兆円に達するという(ボストン・コンサルティング・グループ)。ただ、どんな産業でも長く繁栄を続ければ、その中核にタコツボ的利権構造のニオイが漂ってくる。インターネットも例外ではない。ネットの「ドメイン名」ビジネスはおいしい利権のひとつ。末尾に「.jp」がつくドメインは、「co.jp」(企業)や「or.jp」(団体)などの属性型から「…….jp」の汎用型や「tokyo.jp」など地域型まですべて、株式会社日本レジストリサービス(JPRS)の一社独占なのだ。「.jp」ドメインを取得する場合、利用中のプロバイダーやドメイン登録事業者に申し込むが、それらの事業者はすべてJPRSからドメイン名を「卸」してもらう構造になっている。ネット上で日本に属することを示す ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。