パキスタン「熟柿」を待つ軍部

最高裁を走狗にして、ザルダリ文民政権を追い詰める。クーデターより暫定政権で采配か。

2012年8月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

6月5日、パキスタンは混乱に輪をかける挙に出た。核弾頭を搭載できる巡航ミサイル「ハトフ7」(射程700キロ)の発射実験に成功したと発表したのだ。実験は4月から数えて5回目。同日朝、レオン・パネッタ米国防長官がインドの首都ニューデリーに飛来し、シン首相や国防相と会談するのを絶好の機会ととらえてのこと。落ち込んだ国民感情を盛り上げ、インドに対して「警戒を緩める気はない」と、パネッタ長官に対しては「脅しに屈しない」とのシグナルを送ったつもりだろうが、この日は、パキスタン全土で大規模な計画停電が行われた日でもあったのだ。経済はとうに破綻している。全4州中2州で内戦が続き、国境線周辺地帯では武装勢力との戦闘がやまず、米国との関係はクレーターの穴が空いた状態で、大半の国民はミサイル試射などに目もくれない。

「司法クーデター」

その約2週間後の19日、政治危機がピークに達した。最高 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。