トンネル安全指針に「利益誘導」疑惑

「八箇峠トンネル」爆発事故に関与した流機エンジニアリング社長に鹿島が肩入れ?

2012年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

行政に食い込んでルール作りを主導し、ニッチながら業界トップ企業を率いる。こういう人物を辣腕社長と呼ぶのだろう。しかし、今回ばかりはやりすぎたようだ。己の力を過信して強引にはめ込んだ歯車が噛み合わず、建設業界は大混乱。薄暗いトンネルの奥に広がる暗い闇が浮かび上がった。トンネル工事の危険は落盤事故だけではない。岩盤の発破直後に発生する後(あと)ガスや掘削作業に伴うコンクリート吹き付けで粉じんを吸い込めば、粉じんが肺胞まで入り込み、呼吸器系が深刻なダメージを受ける「じん肺罹患」につながる。悲惨な健康被害を防止するため、厚生労働省と同省所管の特別民間法人・建設業労働災害防止協会(建災防)が「ずい道等建設工事における換気技術指針」を定め、施工業者はこの指針に従いトンネル工事現場の粉じん対策を行う。あろうことか10年に1回行われるこの指針改訂が「利益 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。