画期的な抗がん剤「ザーコリ」登場の舞台裏

2012年8月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

予め効く患者と、効かない患者を選別してから投与する抗がん剤が新登場した。ファイザーが5月29日に発売した非小細胞肺がん治療の「ザーコリ」(一般名クリゾチニブ)。投与前に検査をして、特定の遺伝子を持つ患者だけに、使用する。これまでの抗がん剤と比べると患者数は、ぐっと少なくなるが、効果を最大限に発揮し、副作用を最小限に抑えることができる。無駄な投与が無くなる分、医療保険財政上のメリットもある。「ザーコリ」の登場を契機に、抗がん剤は将来、投与前の患者選別が、当たり前になるかもしれない。がん治療の横綱は、いまでも外科手術だ。抗がん剤の出番は、手術ができないほど進行しているか、手術後の再発で、初めて回ってくる。一部のがんを除き、抗がん剤で、がんが完治する例は少ない。いまのところ、科学的に認められている効果は、腫瘍の縮小と、数カ月の延命である。とはい ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。