中国産人気で「コメまで国産離れ」

震災と原発禍で揺らぐ国産米信仰。安くて旨い外国産米が飛ぶように売れ出した。

2012年8月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

東日本大震災と原発事故をきっかけに、低価格米が品薄となるコメ不足が起きている。政府はあわてて備蓄米4万トンを放出したが、不安定な状況が続く。外食業界などでは、中国など外国産米の人気が高まってきた。農政の混迷が続けば、電気製品などと同様、「コメまで国産離れ」の日が来るかもしれない。農林水産省は6月末、備蓄していた2007~09年産の古米4万トンを主食用として入札方式でコメ卸会社などに売却した。東日本大震災は、稲作地帯の宮城県を直撃し、福島原発事故後、福島県産米の販売にもブレーキがかかった。放出4万トンは、震災と原発被害による販売減少の代替分にほぼ相当する。一定期間が過ぎた備蓄米は飼料用に放出するのが通例だけに、今回の措置は苦肉の策だった。11年産米の作況指数は「平年並み」で、計算上は供給量が需要量を上回る。しかし、生産や流通の多くの業者が手元にコメ在 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。