「OZW49」だけじゃない使い捨て

2012年8月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

騒ぐのは政治部記者だけで、実は誰しも関心の薄い「小沢新党」。いちばん笑えたギャグは離党議員数をもじった「OZW48」だった。旗揚げでは49人となったが、どうせAKB48と同じく忘れられる運命だろう。指原莉乃のように容赦なくポイ。鳩山元総理は座敷牢だが、野田総理も谷垣総裁も明日は我が身。霞が関官僚にとっては着せ替えのパーツにすぎない。  一面識もない英国のヘッジファンド代表が唐突に「会いたい」と言ってきた。日本の政局の話かと思って、コンラッド東京でランチをご馳走になった。あにはからんや、政治など関心外。でも、投資の手練れの弁に肝を冷やした。1930年代の大恐慌は金本位制という「黄金の軛(くびき)」があったからだが、今は軛が二つある。南欧から火の手が広がるユーロと、人民元の米ドル固定相場(ペッグ)制。だから、リーマン危機に始まる経済危機は、米国、欧州ときて ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。