米国が「怪物」サイバー兵器

ついに覆面を脱いだ。イラン核開発阻止のためというが、その脅威はネット空間そのものを破壊しかねない。

2012年8月号 GLOBAL [ネット軍拡戦争]

  • はてなブックマークに追加

「(複葉機が主流の)第1次大戦の戦場に、いきなり次世代ステルス戦闘機F35が飛来してきたほどの凄まじい衝撃度だ」航空自衛官からサイバーディフェンス研究所・上級分析官に転身した日本のサイバー分野の権威、名和利男氏は、5月28日に警報が発せられた新型コンピューターウイルス「フレーム」(Flame)の性能に驚きを隠せなかった。2010年夏、イランの原子力施設を狙ったウイルス「スタックスネット」(Stuxnet)が発見されたのを覚えているだろうか。ウィンドウズの脆弱性につけこんでUSBメモリ経由でパソコンを感染させ、イランの核施設などに組み込まれたドイツのシーメンス製システムを狙って破壊するこのウイルス。イランのパソコン数万台が感染し、イランの核開発を一時麻痺させたという。衝撃的だった。その高度なプログラムは単なるハッカーの仕業とは思えず、国家または大組織がカネとヒトを ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。