「JAL再上場」に自民党がイチャモン

2012年8月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

日本航空は6月20日、東京証券取引所に上場を申請した。目標とする「大安」9月19日の再上場は、天命を重んじる稲盛和夫名誉会長好みの日取りだ。験担ぎの是非はともかく、2010年2月の上場廃止以来2年7カ月で株式市場に復帰できれば、破綻企業としては最短の再上場記録となる。稲盛名誉会長の名声はさらに高まり、稲盛氏を登用した民主党の成功事例と持て囃されそうだ。ところが、ここに来て、自民党から辛辣な声が上がり始めた。日航は12年3月期連結決算で営業利益2049億円と、過去最高益を更新した。業績回復は、「派閥闘争や“親方日の丸”の無責任体質を一掃した」稲盛氏の宗教的な経営手法によるものと喧伝されるが、内実は企業再生支援機構による公的資金3500億円の注入と取引銀行などからの5215億円の債権放棄という「法的整理」効果こそが、V字回復の要因だ。それだけではない。日航は10年の経営破 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。