読売新聞に「小皇帝」登場

渡邉主筆の懐刀・山口寿一氏が経営戦略本部長に栄進。「清武叩き」のお手柄で次期社長の本命に浮上か。

2012年7月号 LIFE [読売VS清武の泥沼]

  • はてなブックマークに追加

読売新聞には今、「皇帝」と呼ばれる二人の人物がいるそうだ。一人は、「最後の独裁者」と自称する渡邉恒雄読売グループ本社代表取締役会長・主筆(86)。もう一人は、6月の人事異動でグループ本社取締役社長室長から同経営戦略本部長・広報担当に昇格した山口寿一氏(55、早大政経卒)である。もちろん、読売グループで渡邉主筆の威令に逆らう者はいない。東京本社の元役員は、「幹部人事はすべて主筆が決める。怒りを買ったらお陀仏です」と言う。「だから、絶対的な存在の渡邉主筆は『大皇帝』。一方、30歳年下の山口氏は社内で『小皇帝』と揶揄されている」と口さがない。人事上の序列においてナンバー2は、これまで通り、読売グループ本社代表取締役社長・編集主幹の白石興二郎氏(65)で、山口氏は取締役の一人にすぎない。だが、渡邉氏が最近、知人との宴席で、「山口が、今はうちの社長みたいな ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。