村上世彰の「落とし子」があざとい買い占め

2012年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

シンガポールを拠点とする日本人ファンド「エフィッシモ・キャピタル・マネージメント」が再び攻勢を強めている。エフィッシモを率いるのは高坂卓志、今井陽一郎、佐藤久彰の各氏で、いずれもあの「村上ファンド」の出身だ。ニッポン放送株を巡るインサイダー事件の捜査が身辺に迫っていた2006年3月、村上世彰元代表は現地に「MAC・アセット・マネジメント」を設立してシンガポールへの移住を急いだ。その際、引き連れていった若手メンバーが高坂氏ら3人だった。高坂氏は10代の頃から米国で複数の会社に勤務、MBA(経営学修士)を取得すると帰国して村上ファンドに参画。今井氏は横浜国立大卒で日興アセットマネジメント出身。佐藤氏は東京大卒業後、三井物産や大手会計事務所関連会社などに勤めた。いずれもまだ30代とみられる。3人がエフィッシモを設立したのは、村上元代表の逮捕からわずか2週間後の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。