市場欺くシャープの「資本提携」

ホンハイとの資本提携は生煮えの仮契約。シャープにビタ一文、振り込まれた形跡はない。

2012年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

シャープがいよいよ土俵際に追い詰められている。3月末に「救いの手」を差し伸べ、資本参加を表明した台湾メーカーのホンハイ(鴻海精密工業)が、「傲慢な態度」(シャープ関係者)を示し、幹部は面食らっている。「このままだと、ホンハイに丸ごと乗っ取られる」という不安が頭をもたげ、先の見えない提携にシャープの株価は底なし。見栄っ張りな経営陣も、さすがに青ざめた様子だ。シャープの台所が火の車であることは、2012年3月期決算で過去最悪の3760億円の最終赤字を出したことで明らかになった。財務体質は一段と悪化し、有利子負債も過去最大の約1兆1千億円に膨れ上がっている。「世界の亀山ブランド」と自画自賛していた液晶パネルは「5千億円を超える不良在庫」(業界筋)と化しつつある。今年に入ると「来年秋の約2千億円の転換社債償還でお陀仏。Xデーが近い」などと破綻懸念が囁かれ、株 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。