SBIが「中間持ち株会社」挟み目隠し

沈みゆく「北尾丸」から、一目散に夏野剛も逃げ出した。奇怪な資本移動などジタバタの度は増すばかり。

2012年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

間違いなく混乱が起きているのだろう。SBIホールディングス(以下SBI)の動きが慌ただしい。本誌発行人がオンライン版FACTAでこう呼びかけたのは5月20日のことだった。「SBI幹部諸氏への投降勧告」呼びかけが功を奏し洗脳が解けたのか、怖くなったのか、5月29日に発表されたSBI役員異動のリリースでは、6月28日の株主総会をもって退任する予定の取締役リストに、元ドコモの夏野剛(慶応大学大学院特別招聘教授)の名が入っていた。夏野に本誌はGREE問題も含め質問状を送っていたが、SBIと本誌が係争中であることを理由に、SBI関連はノーコメントだった。やっと来た正式回答が今回の役員退任なのかもしれない。投降第一号? 何を今さらである。本誌が4月号(「SBIが連結外しの隠蔽」)、5月号(「切り売りSBI謎の筆頭株主」)で報じてきた赤字連結子会社ホメオスタイルの異常な連結外しや、サプリメント ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。