台無し日中国交「不惑」記念事業

「外交音痴」の民主党政権が赤っ恥。スタートで躓き、軽量級の総理特使で面子つぶす。

2012年7月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

1972年、田中角栄と周恩来が握手してからこの秋で40年、日中関係は今年、「不惑」を迎える。これを記念した日中国交正常化40周年記念事業はすでに東京と北京で開幕した。しかし、イベントは盛り上がりに欠けるどころか、聞こえてくるのは不協和音ばかり。惑わぬはずの40歳を迎える日中関係は皮肉なことに困惑の度を深め、記念事業そのものに疑問の声すら上がっている。国交正常化の周年記念事業はこれまで区切りの5年ごとに実施され、中国では政府が主体となって、日本は経団連を中心にした民間と政府が実行委員会を組織し、それぞれ相手国で記念事業を展開してきた。今年の40周年を前に日本側の動きは早かった。昨年2月4日、各紙に次のような記事が掲載された。「菅直人首相は4日、中国問題に関する有識者懇談会の設置を決めた。御手洗冨士夫前日本経団連会長らが参加し、6日に初会合を開く。特定の国 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。