白旗SNSに「後門の狼」

景品表示法で規制しても、これで落着と見るのは甘い。警察が狙うのは2ちゃんねるとドワンゴか。

2012年6月号 COVER STORY [ソーシャルゲーム規制]

  • はてなブックマークに追加

5月5日のこどもの日、読売新聞の1面トップ報道でソーシャルゲーム業界に衝撃が走った。高額課金の温床となった「コンプリートガチャ」(コンプガチャ)に景品表示法違反の恐れがあるとして、消費者庁が近く注意喚起すると報じたのだ。プラットフォームを運営するSNS(交流サイト)大手、GREEやDeNAの株価は連休明けの7日にストップ安となった。その翌日はGREEの決算説明会。いつもジーパン姿の田中良和社長が神妙にスーツで登場したが、コンプガチャに質問が集中すると「真摯に対応します」とはぐらかすばかりで、絶句する場面もあった。コンプガチャの今後と業績への影響も「コメントは差し控えさせてもらいます」と、しどろもどろに山岸広太郎副社長が繰り返す。苛立った読売の記者に「言われたらやるというのではなく、あなたたちはどう考えているのか」と厳しく迫られ、自信なさそうに壇上の役員3人 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。