再生支援機構が中小企業の支援組織に衣替え

2012年6月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

政府は、官民ファンド「企業再生支援機構」の活動期限を、従来の2014年10月から16年3月末まで延長した。東日本大震災や欧州債務危機の状況悪化を踏まえ、支援が必要な企業が増えると判断したためだ。この延長に伴い、業務も中小企業の再生に軸足を移す。日本航空の破綻処理で名を馳せた機構は徐々に姿を変え、「今後は、あのような大型案件はできなくなる」と、霞が関の関係筋は言う。実は、機構の活動延長よりも話題を呼んだのは社長交代だった。機構創設時からの社長である西澤宏繁氏が退任し、4月20日付で東邦銀行の瀬谷俊雄・元頭取に代わった。このトップ交代の背後で囁かれたのが機構内の「暗闘」だった。政府側には西澤氏の続投論もあったが、機構の実務担当者らが揃って反対したようだ。旧日本興業銀行出身の西澤氏は、東京都民銀行の頭取を務めたものの事業再生の経験は皆無。「不的確な対応が ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。