「増税一直線」の財務省が茂木・自民党政調会長を攻略

2012年6月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

消費増税法案の成立を目指し、財務省が自民党への根回しに必死だ。国民新党は分裂し、民主党内は反対派の反発でまとまらないため、自民党を口説き落とさねば、消費増税法案は通らない。財務省が模索するのは、自民党に対案を出させ、それを修正して、野田政権に丸呑みさせるウルトラCだ。野党案丸呑み→与野党共同修正は98年の衆参ねじれの金融国会でも使われた手法であり、日本長期信用銀行の救済・処理をめぐり、小渕内閣が民主党の金融再生法案を丸呑みした実例がある。消費増税について、自民党は衆院選マニフェストの原案に税率10%への引き上げを盛り込んだ。民主党が拘る最低保障年金の創設を否定し、差別化を図るが、その部分を除けば大差はない。そもそも両党の消費増税案の原型は与謝野馨・前経済財政相がまとめたもの。財務省が下書きを作った「相似形の増税案」である。財務省は自民党の茂木 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。