岡田副総理の肝いり「平成版土光臨調」に苦笑

2012年6月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

岡田克也副総理が「平成版土光臨調」と名づける有識者による行革懇談会が5月7日に官邸で開かれた。稲盛和夫・京セラ名誉会長ら10人を起用し、民間の知恵を借りて「身を切る行革」を断行するのが狙いだ。目下のところ副総理の私的懇談会にすぎないが、国会に提出した行革実行法案に盛り込んだ首相の諮問機関「行政構造改革会議」の前身とする目論見がある。副総理は、国鉄や電電公社の民営化などを提言した第2次臨時行政調査会(土光臨調)を念頭に、「あのメザシの土光(敏夫)さんの代わりに、日本航空のV字回復を成し遂げた稲盛さんを看板に担ごうとした」(官邸筋)。ところが、肝心の稲盛氏から「平成版土光臨調なんて荷が重い」と座長就任を断られてしまった。さらに野田佳彦首相が出席した初会合に葛西敬之JR東海会長と前鳥取県知事の片山善博氏が欠席。官邸筋は「総理出席の初会合に2人も欠席と ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。