東大卒「ヤブ外科医」にご用心

陛下の執刀医、天野教授は日大出身。武者修行を積んだ「ゴッドハンド」は、怠惰な偏差値エリートからは生まれない。

2012年6月号 LIFE [天皇陛下がお可哀想]

  • はてなブックマークに追加

「受験界のエベレスト」――。東京大学医学部は、明治以来、全国の医学部に教授を送り込んできた「教授生産工場」である。東大医学部出身者のほとんどが全国の大学で教授に就任。さらに医学部長や学長、有名医療機関の院長の多くも東大医学部卒で、厚生労働省関係の審議会の会長や座長も、ほぼその出身者で占められている。東大医学部は医学界の頂点に君臨し、日本の医療行政を牛耳ってきた。東大医学部に入ることは、日本の医学界の特権階級に仲間入りすることであり、そこに加われるのは毎年わずか110人(理科Ⅲ類100人、理科Ⅱ類10人)の偏差値エリートに限られる。彼らは、合格によって特権階級としての将来を約束されるのだ。

出世のために理Ⅲに進学する灘高生

だが、偏差値エリートであることは、必ずしも優秀な医師や研究者であることを意味しない。東大理Ⅲの同窓会のことを「鉄門倶楽部」といい、灘高出身者が一大派閥を形成してい ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。