SBI「幽霊」子会社の暗部

SBIからの借り入れと社債引き受けで一時は1千億円調達。その資金を迂回させた先はどこなのか。

2012年6月号 BUSINESS [北尾マジック追及第5弾]

  • はてなブックマークに追加

住所も非公開、電話も非公開、それで商売ができるのだろうか。SBIホールディングス(以下、SBI)の100%子会社でありながら、まったく目立たない、というより不可解な会社が存在する。イー・リサーチ。その社名でNTTの電話案内で聞いても登録されていない。民間調査会社で調べると、古い本社住所しか出てこなかった。けれども紛れもなくSBIのグループ企業なのだ。この幽霊のような会社が、一度だけ投資家たちの注意を引いたことがある。2009年6月のこと。SBI株主総会の招集通知にイー・リサーチの名が登場する。資料(左ページの表参照)には関連当事者との取引、つまり親会社SBIとの取引としてこんな記載があった。▼社債引き受け390億円 期末残高390億円▼資金借り入れ675億円 期末残高(短期借り入れ)455億円合計すれば期末残高845億円、目をむくような巨額である。ちなみに、前年度、前々年度のSBI ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。