日産「中国車キラー」の胸算用

88万円のセダンに57万円のワンボックス。中国市場の底辺から顧客囲い込み狙う。

2012年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

2011年の新車販売台数約1850万台と、世界最大の自動車市場の座を不動にした中国。4月23日から5月2日まで開催された北京モーターショー(オートチャイナ2012)は、中国最大の自動車ショーとあって世界中のメディアと自動車業界の熱い視線を集めた。「中国決戦、エコカー続々」(4月24日付読売新聞電子版)など、日本の新聞やテレビはハイブリッド(HV)や電気自動車(EV)などのエコカーが北京ショーの主役だったかのように報じた。だが、実際の会場の雰囲気はかなり違った。確かにエコカーは多数展示されていたが、中国の現地メディアの注目は欧州メーカーの高級SUVやスポーツカーに集中。一方、日本や欧米の業界関係者の関心は、ここ数年でデザインや質感を急速に向上させた中国メーカーの新型車に集まっていたのだ。トヨタ自動車とホンダは、得意のHVで中国市場向けのコンセプトモデルを初披露。今後 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。