エルピーダ売却の次はNECか

中国政府系に呑まれかかったエルピーダ。ハイテク分野の国産技術流出が止まらない。

2012年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

5月6日、会社更生手続き中のエルピーダメモリはスポンサー企業に米半導体大手マイクロン・テクノロジーを選んだ。エルピーダの社長を長年務めた坂本幸雄は、2月に会社更生法の適用を申請した後も管財人となり、最終局面で二つの選択肢を持っていた。一つがマイクロン、もう一つが中国のホニーキャピタルと米TPGキャピタルのファンド連合である。「両陣営の条件はほぼ拮抗していたが、坂本さんが最後は常識的な判断をした」と、関係金融機関の幹部は漏らす。そこには複雑な思いがある。1980年代後半のDRAM市場で日本勢は約8割のシェアを占め、世界を席巻した。そこへ低価格で殴り込みをかけたのが、韓国のサムスン電子。「日の丸半導体」の牙城はあっさり崩れ、「最後の砦」となったのが日立製作所とNECがDRAM部門を統合し、後に三菱電機の同部門が加わったエルピーダだった。2002年にエルピーダの社長に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。