薄熙来「死刑」に怯える軍太子党

妻の英国人殺害に関与していれば極刑も。親密だった解放軍の太子党は続々更迭か。

2012年6月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

4月10日、中国国営通信社の新華社は「薄熙来(ボーシーライ)事件」に関する2件の重大ニュースを流した。1件目は、3月に失脚した前重慶市共産党委員会書記の薄熙来に対し、党中央が「中央政治局委員と中央委員の職務を停止し、党中央紀律検査委員会による調査と立件を決定した」というもの。2件目は英国人ビジネスマン、ニール・ヘイウッドが2011年11月に重慶で変死した事件に関して、薄の妻の谷開来(グーカイライ)が「故意による殺人容疑で司法機関に移送された」という内容だ。これらの情報は、薄に対する処分の確定にまだ時間がかかる一方、最終的な処分が相当重くなることを示唆している。結論から言えば、筆者は薄の入獄は確実であり、場合によっては死刑の可能性があると見ている。薄は共産党の八大元老の一人である薄一波(ボーイーポー)の息子であり、太子党の大物政治家として次期最高指導 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。