野田・白川の「ニギリ」緩和

永田町の緩和圧力に耐えかね、来年の総裁人事もちらついて、消費税増税の「前さばき役」を買って出た。

2012年6月号 BUSINESS [パンツを脱いだ日銀]

  • はてなブックマークに追加

金融緩和をあれほど渋っていた日銀がここにきて変わったのか。白川方明総裁の言い回しを聞いていると、相変わらず「出遅れの小出し」のように見えるが、実際には瀬踏みをしつつ、それまではできないと言っていた一線を越えつつある。2月14日、日銀は消費者物価で1%上昇を目途(ゴール)とする「物価目標」を示した。それまで白川総裁は物価目標の採用に否定的だったのに、ベン・バーナンキ議長の米連邦準備理事会(FRB)が1月25日の連邦公開市場委員会(FOMC)で「物価目標」を打ち出したため豹変した。FOMCの決定の直後、白川総裁は「FRBが示したのは物価のゴールであり、物価水準の達成を金融政策に対し機械的に義務づけるインフレーション・ターゲティングではない」と釈明に努めた。実際にはFRBに外堀を埋められた形となり、「ゴール」を「目途」と言い換えて、日銀も物価目標を採用したのだ。4月2 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。