汚れた資源利権に米国「厳罰」

ダーティーなのは中国だけではない。米企業もアンゴラで贈賄疑惑。丸紅、日揮はナイジェリアでやられた。

2012年6月号 GLOBAL [アンゴラ贈賄疑惑]

  • はてなブックマークに追加

アフリカなど資源争奪の最前線で、相手国の権力者に「ソデの下」を渡して権益を得ると、米国の海外腐敗行為防止法(FCPA、Foreign Corruption Prac-tices Act)に基づく取り締まりの手が、国境を越えてぐいと伸びてくる。米国の多国籍企業でなくても巨額の罰金が科せられ、すでに日本企業も網にかかった。

ゴールドマン、カーライルが株主

本誌1月号と4月号でアフリカの資源漁りにうごめく香港企業グループ「88Q」(香港金鐘道88号の高層ビルに本社があることからの通称)の謎を報じたが、米国企業も「同じ穴のムジナ」で手を汚していたとの疑惑が新たに発覚した。疑惑の焦点は米テキサス州ヒューストンに本社を置く深海油田の探査会社、コバルト・インターナショナル・エナジー。その株主は投資銀行ゴールドマン・サックス、買収ファンドのカーライル・グループ、投資ファンドのリバーストーン・ホールディングスというそうそうたる ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。