格闘技「K-1」さらば日本

昔の夢よもう一度。テレビ、ネット、ギャンブルを組み合わせた米国UFCを追い、世界を舞台に「新生」なるか。

2012年6月号 DEEP [韓国資本に身売り]

  • はてなブックマークに追加

かつて「K‒1」という日本が世界に誇る人気格闘技イベントがあった。アンディ・フグ、ピーター・アーツ、ジェロム・レ・バンナ、マーク・ハント、アーネスト・ホースト、そしてボブ・サップや元横綱の曙太郎といった「K‒1戦士」の名は、今もプロレスファンの記憶に残っている。それを過去形にしたのは、主催会社のFEG(ファイティング&エンターテインメントグループ)が深刻な経営危機に陥り、「ファイトマネー未払い問題」が発生、昨年はまともに大会が開けなかったからだ。今年に入って「K‒1」は、EMCOMホールディングス(ジャスダック上場)傘下のK‒1グローバル・ホールディングス(本社・香港、代表・金健一)が、商標権などを獲得、社名のように日本にこだわらず、世界展開することになった。K‒1グローバルは、5月27日、スペインのマドリッドで、「K‒1 RISING2012」と題した大会を開く。「旗揚げ興 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。