東電「カタチ偏重」と会長人事難航

2012年5月号 連載 [監査役 最後の一線 第13回]

  • はてなブックマークに追加

駆け出しの記者だった時代、財界人取材で東京電力の会長室に何度か行ったことがある。ドアを開けると、部屋の半分の電気が消えていて、会長自らおもむろにスイッチを入れ、明かりを点けた。二度目の時もそうだった。経営が傾いていたころの日産自動車でも同じような経験をした。カルロス・ゴーン氏がトップとして入ってくる前のことだ。正午になると部屋の電気が一斉に消え、客がいようがお構いなしだった。両社とも、外部の人に日ごろの節電ぶりをアピールしたかったわけではないだろう。だが、何とも言えぬ違和感を覚えた記憶がある。思い返して、ふと「実よりもカタチ」のほうが会社の中で重要になっていたのではないか、と思った。来客があるから明かりを点けておくという臨機応変よりも、とにかく電気は消すという社内ルールを守ること、あるいは守っているという姿勢を示すことが重視される。そん ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。