「1千万部復帰」へ読売が上毛・下野新聞攻め

2012年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「1千万部」の大台への復帰をめざす読売新聞が4月から、群馬、栃木両県で県版(地域版)を4~6ページに倍増して販売攻勢をかけている。これを迎え撃つ地元紙である上毛(部数約30万部)、下野(同約31万部)両新聞も地域情報の充実で対抗し、一歩も引かない構え。新聞全体の部数が急減する中、激しい販売合戦を繰り広げている。読売には元々「関東の新聞」という思いが強いとされるが、関東地方で同紙のシェアがトップでないのは群馬、栃木両県だけ。群馬県では上毛が約4割を占めトップ、読売3割強、朝日十数%と続く。栃木県では下野が4割強で1位、次いで読売3割弱、朝日1割強の順だ。読売としては、昨年4月に東日本大震災などの影響で1千万部を割って以降、11月に一度回復した以外は大台から遠ざかっているだけに、まず北関東を制覇して勢いに乗りたいところだ。そのため、両県内に配置している記者の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。