どこも「バートルビー拒絶症」

2012年5月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

I would prefer not to(しないほうがいいのですが)。何を命じても、そう言って仕事をしない。職場の衝立の奥にこもって立ち退きにも応じず、クビにしても動かない。ついに監獄に放りこまれ、膝を抱えたまま餓死してしまう。五月病の元祖とも言えそうなこの男の名はバートルビー。手に負えないウォール街の筆耕の物語は、『白鯨』の作家メルヴィルが1853年に書いた短編だが、不気味さは類を見ない。無表情の鉄面皮で、肚の内が見えないからだ。38度線の彼方で「衛星」発射を強行した若き第一書記も、周辺国の迷惑なぞ一顧だにしないバートルビーらしい。国際法違反もそっちのけ、父子相伝の「拒絶」の意思表示である。対する日本列島も、連日のトンチンカン答弁にあっけらかんの防衛相、デフレの悲鳴に耳を塞ぐ増税不退転の総理、「物価の目途」を目標にあらずと言い張る中央銀行総裁……と「しないほう ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。