「切り売りSBI」謎の筆頭株主

サプリの赤字子会社を時価総額720億円とした「益出し」。期末駆け込みの無理算段が続々明るみに。

2012年5月号 COVER STORY [市場愚弄の決算操作]

  • はてなブックマークに追加

資本市場の「清冽な地下水」を自負する北尾吉孝CEO(最高経営責任者)よ、株式市場を愚弄するにもほどがある。決算期末ぎりぎりの3月30日、SBIホールディングス(以下、SBI)が流したリリースのことだ。SBIは連結子会社「SBIアラプロモ」(以下、アラプロモ)の保有する株式の一部を「第三者である複数の事業会社」に売却し、12年3月期決算に特別利益を計上する見込みだと発表した。アラプロモ株売却前のSBIの持ち株比率は79.15%。うち5.83%分を売却したのだが、驚くべきは売却による特別利益を42億円としたこと。逆算すると、アラプロモの時価総額は720億円以上となる。こんな立派な連結子会社をSBIはいつ手に入れていたのか? 同社の設立は08年4月、アミノ酸の一種「5‒アミノレブリン酸」(ALA)を使った健康食品や美容化粧品の卸の企業である。今回の株式一部売却で社名を「SBIファーマ」に変更し ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。