「渡邉読売帝国」にハチの一刺し

あの清武氏が「ナベツネの呪縛」を解き明かす強烈な暴露本。読売と巨人軍は封じ込めに躍起だ。

2012年5月号 LIFE

  • はてなブックマークに追加

「生涯一ジャーナリスト」を矜持とする言論人にも、これだけ対照的な生き方があるということを示す二人がいる。ひとりは、85歳の渡邉恒雄氏。もうひとりは、その一回り上、97歳になった、むのたけじ(本名・武野武治)氏である。渡邉氏は読売新聞グループ本社代表取締役会長・主筆。世界最多の新聞販売部数を誇る読売新聞の力を背景に、「最後の独裁者」を自称するメディアの帝王だ。1945年の敗戦の後、東大に復学し、共産党に入党。東大細胞200人を率いる指導部の一員となったが、党を除名され、やがて読売新聞に入社、政治部を拠点に激烈な社内抗争を制して、読売の頂点に立つ。党人派の大物・大野伴睦の手足となったことを手始めに、自民党首脳に深く食い込んだだけではなく、政界の黒幕であった児玉誉士夫とも結びついた。皇居近くのスーパー億ションに住み、大変な資産家としても知られる。財政的 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。