「銀行管理」オリンパスの悲惨

三井住友「無為の人」が天下り。現預金は4分の1以下、最先端技術の人材も流出中。

2012年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

オリンパスの粉飾決算事件は、東京地検特捜部が3月28日に前社長・菊川剛(71)ら旧経営陣3人と法人としてのオリンパスを、金融商品取引法違反の罪で追起訴したことで、国内捜査は幕引きモードに入った。4月20日に臨時株主総会を開き、新任の木本泰行会長・笹宏行社長体制でリセット――と行きたいところだろうが、そうは問屋が卸さない。海外の捜査機関がまだ執拗に捜査を続けているからだ。関係者によると、元社長マイケル・ウッドフォードは、一連の損失隠しに関わった疑いのある南部昭浩(前広報・IR室長)が4月1日付の人事で財務本部長に昇格したため「英重大不正捜査局(SFO)に南部の関与を訴えてやる」と息巻いているという。「飛ばし」の穴埋めに使われた英子会社ジャイラス買収では、当時の担当だった南部だけでなく、他の関与者についてもSFO捜査が続いている模様だ。しかも、オリンパスの解体 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。