死せる「エルピーダ」がDRAM再編のカギを握る

2012年5月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

経営破綻したDRAM専業エルピーダメモリをめぐり、入札によるスポンサーの選定作業が進んでいる。その買収には、国内外の半導体メーカーや投資ファンドなど7社が関心を示し、第1次入札の結果、米マイクロン・テクノロジーと韓国のSKハイニックス、米中ファンド連合が残った。エルピーダは破綻したとはいえ、業界首位の韓国サムスンに対抗し得る先端技術を有し、第3位のシェアを持つ。業界関係者は「4月末の第2次入札が世界の半導体の勢力図を変える」と口を揃える。最有力候補は、破綻前からエルピーダと資本提携を交渉していたマイクロン。会社更生法適用によってエルピーダの負債は大幅にカットされる見通しとなり「出資への魅力は増した」と大手証券幹部は言う。買収に成功すれば、DRAM市場で世界シェア4割超のサムスンの対抗勢力となり、「後続の東芝やハイニックスは市場を食い荒らされる」(同幹部 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。