「アップル叩き」中国の地雷原

特別な生産拠点の「鴻海」系フォックスコンに労務問題が噴出。ジョブズ亡きあと最大の試練に。

2012年5月号 BUSINESS [EMSの人質]

  • はてなブックマークに追加

カリスマ創業者スティーブ・ジョブズの死から半年。教祖不在への心配をよそに、アップルが躍進を続けている。3月16日に発売した多機能携帯端末、新iPadは最初の3日間で300万台を販売。ナスダックに上場する株価は4月10日に一時644ドルをつけ、時価総額が初めて6千億ドル(約48兆6千億円)の大台に乗った。まもなく発表される2012年度半期決算(3月期)も、新iPad効果を背景に好業績が予想されている。昨年度(11年9月期)は売上高1082億4900万ドル(約8兆7700億円)に対して純利益259億2200万ドル(約2兆1千億円)を稼ぎ、純利益率は23.95%に達した。圧倒的な収益力を背景に、アナリストの多くは株価はさらに上昇すると見る。マイクロソフトが1999年につけた時価総額の史上最高(約6200億ドル)を更新するのは時間の問題だろう。快進撃はどこまで続くのか。ジョブズは死の直前まで、アップルが将来実現 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。