朴槿恵勝利に北が「次は核実験」

核サミットは霞んだものの、李大統領離れのセヌリ党が、総選挙で第一党を守った。

2012年5月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

北朝鮮の金正恩第一書記は、4月13日に「衛星」名目のミサイルを発射したが失敗に終わった。それでも周辺国を翻弄させた効果は十分だった。とくに、李明博大統領のメンツ潰しには成功したと言ってよい。3月26、27日にソウルで核安全保障サミットが開かれ、オバマ米大統領や胡錦濤中国国家主席をはじめとした53カ国の首脳級と国際機関代表が参加し、盛大な会合となった。本来ならば、サミット議長の李大統領は「ご満悦」のはずだったが、自身の顔が霞んでしまった。なぜならば、サミット直前に北がミサイル発射を予告したからだ。ソウルでのサミットなのに、世界に発信されるニュースはまるで平壌発であるかのようだった。米中両首脳の発言で注目されたのも北ミサイル関連ばかりで、金第一書記の存在感を際立たせた。それだけに、「誰が何といっても、ソウルサミットの最大の受恵者は金正恩だ」(『中央日 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。