奇怪な名古屋「ピンポン外交記念館」構想

暗礁に乗り上げた中国総領事館への国有地払い下げ。中国に阿る外務官僚の暗躍は禍根を残す。

2012年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

名古屋市長の河村たかし氏が、中国・南京市の共産党関係者を前に「南京事件はなかったのではないか」と発言し、外交問題に発展してから2カ月。日中の交流イベントや中国要人の訪日取り止めが相次いでも、河村氏に発言を撤回する気配はない。業を煮やした政府・与党関係者は事態収拾に躍起になっているのに、河村氏はお膝元での奇怪な動きを知る由もないようだ。仕掛け人は、河村市長と「蜜月関係」にあった愛知県の大村秀章知事というから驚く。県の幹部職員が打ち明ける。「大村知事が『日中友好の証しになる“ピンポン外交記念館”をつくれ』と、いきなり言い出し、内部で騒ぎになっています。しかも名古屋市のど真ん中に計画せよという隠密指令なんです……」

大村知事と小沢氏が連携?

名古屋は世界を驚かせた米中和解の糸口となった「ピンポン外交」(1971年)の発祥の地である。その歴史にちなみ、卓球会場となった県都・名古 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。