「中小企業の息子」枝野が張り切る未来戦略

「小さな企業が日本を変える」と経産大臣肝煎りの「未来会議」が発足。全国行脚の選挙対策の思惑も。

2012年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

閉塞感が漂う日本経済を浮上させる救世主を見つけようと、経済産業省は、中小企業の潜在力に期待した新たな会議を発足させた。枝野幸男経産相の肝煎りの会議である。原発政策で大失敗し、産業政策も手詰まりが目立つ経産省は、猛烈な逆風にさらされている。なんとか巻き返したい思惑が強いのだろう。「私は、中小企業の息子です」――。枝野経産相が最近、盛んに使っているフレーズだ。自動車大手、スズキの鈴木修会長兼社長は、インド市場などでスズキが急成長して存在感を高めている今でも、「俺は、中小企業のおやじ」と繰り返す。その鈴木社長の名セリフをもじったもので、大臣はかなり気に入っている様子だ。枝野氏の父親はストロボ会社の社員だったが、枝野氏が中学生の時に会社が倒産し、失業した。その後、流し台とか洗面台を製造する小さな会社をつくり、中高校生時代の枝野氏は仕事をよく手伝っ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。