カレンダーなき「消費税政局」

政治生命を懸けると言う割に官邸の動きは緩慢。審議入りのタイミングすらつかめず、蛇行を続けている。

2012年5月号 POLITICS [「小沢一審判決」睨む神経戦]

  • はてなブックマークに追加

消費税政局が動き出すのは5月の大型連休以降――。4月5日に2012年度予算が成立した後、政界にこんな空気が流れた。「消費税増税関連法案の審議は5月連休明けから、と誰も決めていない。環境が整えばなるべく早くやるのが民主党の方針だ」首相の野田佳彦は7日、西宮市で開いた一体改革を巡る国民との対話集会に初めて出た後、記者団に早期審議入りの意欲を訴えた。だが、誰もまともに受け止めない。この数時間前、民放テレビに出演した幹事長の輿石東は「まだ党内で十分に協議を尽くしていない面がある。野党の協力も借りないと法案は成立しない」などとのらりくらりのユルい姿勢に終始した。「党内で協議を尽くしていない」は倒閣路線を鮮明にした元代表の小沢一郎への配慮である。野田が3月30日に増税法案の閣議決定を敢行するや、小沢の号令で副大臣・政務官4人と党の役職者30人超が集団で辞表を提出。 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。