ジョン・A・クェルチ(中欧国際工商学院[CEIBS]副学長)

内向き日本教育の「国際化」は中国に手本あり

2012年5月号 GLOBAL [インタビュー]

  • はてなブックマークに追加

――詩人キプリングは「東は東、西は西」と言いました。中国と欧州連合(EU)の合弁ビジネススクール、CEIBSは中国と西欧の橋渡し役ですか。「上海開校17年のモットーは『中国深度、全球広度』(China Depth, Global Breadth)です。単なるインターナショナルスクールでもなく、中国の学校でもない。200人の経営学修士号(MBA)コースは英語で教え、30人は日本人です。800人のエグゼクティブMBAコースは9割が会社勤めの成人の中国人で、中国語で教えています」――学校自体がハイブリッドということですね。「ええ、学生に(国際化の)マインドを持った人々を選んでいるからです。中国人と非中国人でチームを組ませ、リーダー論などの必修テーマについて事例研究させています。中国の個人教育機関で、責任あるリーダーとは何かを論じるなんてちょっと驚きでしょう?」――改革開放とはいえ、まだ中国は一党独 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。