薄失脚で中国「三権分立」論

権力闘争は「何でもあり」。今秋の党大会では、爆弾を二つ抱える後継候補の習近平が脱落し、党が割れる可能性も。

2012年5月号 GLOBAL [指導部人事が混迷]

  • はてなブックマークに追加

「中国共産党中央の決定により、重慶市党委員会書記を張(チヤン)徳江(デチヤン)同志(副首相)が兼任し、薄熙来(ボーシーライ)同志の職務を解く」3月15日午前10時、国営通信社の新華社がそう速報した。薄は今秋の共産党第18回全国代表大会(18大)で選出される中央政治局常務委員会(共産党の最高意思決定機関)の新メンバーの有力候補で、太子党(党幹部の子弟グループ)の大物政治家だった。その失脚が確認された瞬間だ。致命傷になったのが「王立軍(ワンリージユン)事件」(編集部注=薄熙来の腹心で重慶市副市長兼公安局長だった王立軍が2月2日に失脚し、4日後に四川省成都市の米総領事館に駆け込んだ事件)であることは言うまでもない。事件の真相は今も謎だらけだが、間違いなく言えるのは、薄の失脚により18大の党最高指導部人事がますます混迷の度合いを深めたことだ。次期最高指導部の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。