「春の嵐」欧州債務危機が再燃

スペイン国債の入札不調。中銀決済システムを通して、ドイツとの軋轢に飛び火か。

2012年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「これはバツが悪い」と感じているだろうか。3月末に日本を訪れ「欧州債務危機の終息は近い」と触れ回っていたからだ。その人の名はマリオ・モンティ――イタリアの首相である。ところが、4月4日のスペイン国債入札を機に、欧州債務危機がにわかに再燃した。2020年償還の国債の利回りが5.338%と前回11年9月の入札時を0.2%上回ったほか、軒並み落札利回りが上昇(価格は下落)し、資金調達額も26億ユーロと目標下限にとどまった。スペインのルイス・デギンドス経済相は、利回り上昇という入札結果に「欧州景気が後退しかねないという投資家の警戒感の表れ」との見方を示した。スペイン、イタリアなど重債務国の国債が売り込まれたばかりではない。春先からの「リスクオン(許容)」の雰囲気に冷や水が浴びせられ、世界の株式相場が調整局面に入ってしまった。

緊縮緩めたのが「裏目」

確かに、欧州中央銀行(ECB)のマリオ・ド ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。