レームダック白川総裁に永田町が圧力

2012年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

リーマン危機後もひたすら金融緩和を遅らせ、渋ってきた日銀の白川方明総裁の任期が余すところ1年を切り、「日本経済を壊したA級戦犯」にもレームダック化が目立ってきた。4月5日、中村清次、亀崎英敏審議委員の退任に伴い、新任審議委員にBNPパリバ証券の河野龍太郎チーフエコノミストを充てる人事が自民、公明、みんなの党などの反対で否決された。福田康夫政権下で武藤敏郎副総裁が昇格できなかった「政治介入」と同じに見えるが、実は日銀の自業自得なのだ。河野氏は日銀の金融緩和慎重論にとことん従順で、増税も賛成派、財務省にも媚びを売る「御用エコノミスト」である。消費者物価上昇率で年1%程度を「物価の目途」とする事実上のインフレ目標(インタゲ)導入を余儀なくされた日銀では、白川総裁の「ポチ」を務めることが見え見え。露骨なお手盛り人事を永田町ははねつけた。頭にきた河野氏の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。